マカ・葉酸

高齢でも自然妊娠する確率はどのくらい?

晩婚、高齢出産が多くなっている!

海外セレブや日本の芸能人でも30代後半から40代で出産する人も増えています。
こんな現状を見ていると、一般人でもこうした高齢出産は可能と思ってしまいますが、現実としては、やはり30代後半を過ぎてしまうと妊娠の確率はぐっと減ります。

 

自己流で排卵日のタイミングをはかったり、妊娠しやすい体づくりをして妊娠した場合は自然妊娠しやすいです。
1年間避妊をしないで性交渉を行った場合・・・
20代→約80%
30代前半→約60%
30代後半→約50%
40代前半→約30%
45歳以上→約5%
と徐々に下がります。

 

年齢を重ねると卵子が老化する事実!

科学技術が発展して、高齢出産も珍しくなくなっていますが、それでも事実として卵子は日々老化しており、妊娠してもその妊娠を継続しづらくなったりしてきます。
妊娠時、出産時の母体への負担も大きくなり、その後のリカバリーも時間がかかってしまうので、やはり年齢的に若い、30代前半までに子供を生むのがベストともいえるのです。

 

年齢が上がっていくと、染色体異常や流産、早産のリスクも高くなります。
だからこそ、自然妊娠にこだわるのなら早めに、また35歳を過ぎたら、不妊治療に早めに取り掛かるのが得策かもしれませんね。

 

35歳以上での初産を高齢出産と呼びます。

 

現在、一般に35歳以上の初産をする人を高齢出産といいますが、最近は50代でも妊娠、出産する人もいますので、そういった人では超高齢出産といいます。
すでに35歳をすぎると妊娠率自体が下がってきてしまいますので、早めに専門医にかかって不妊治療をするなど、行動を起こしたほうがいいでしょう。

 

35歳以上、高齢でも自然妊娠が可能?

35歳以上で、初産で出産する人を高齢出産といいますが、数字的に見れば、35歳以降の自然妊娠率はぐっと半分まで下がってくるのが事実。
35歳から40歳までの自然妊娠の確率は実際、なんと20パーセントを切ってしまうこともあるようです。

 

体外受精でも成功率は20パーセント程度といいます。
45歳以上になると、自然妊娠の確率は5パーセントまで落ちてきてしまいます。
しかしながら、不妊治療というとお金も時間もかかりますから、それらに余裕がある海外セレブや日本の有名人、芸能人のみができる特権みたいに考えている人もいるでしょう。

 

実際に日本で不妊治療を試みているカップルはかなり存在し、最近の晩婚傾向が不妊、高齢出産に拍車をかけているといわれています。
もちろん、より早く、確実に子供が欲しい場合は、早めに不妊治療の専門医に相談することが大事です。
それでも自然妊娠にかけてみたい、という人もいらっしゃいます。

 

高齢でも自然妊娠するコツとは?

高齢でも自然妊娠するには、まず体調管理、睡眠、栄養のバランスの取れた食事、規則正しい生活をして体をを整える、生理不順などがないようにしておく事が大切です。
また、排卵がきちんとされているかどうかだけでも確認し、妊娠の妨げになるような子宮筋腫など、卵巣や子宮内の状態をしっかりチェックすることです。

 

またタイミング法など、排卵日を特定して性行為をする等、妊娠しやすいように仕向けることも大事です。
排卵日チェッカーなどで排卵日を特定し、妊娠しやすくしましょう。
場合によっては葉酸やマカなど、妊娠をサポートしてくれる栄養素をとるなどの工夫もしてみてください。

 

日常生活では体を冷やさないように、適度な運動などもしながら妊娠しやすい体作りをしていきましょう。

高齢出産のメリットとリスクについて

妊娠するというのはとても喜ばしいことですが、35歳を過ぎるといわゆる高齢出産となり、不安になることが多いですよね。
そこで高齢出産のメリット・デメリットや自然妊娠についてまとめてみました。

 

高齢出産の自然妊娠について

一般に33歳を過ぎたあたりから妊娠に対する体内の機能が衰え始めます。
原因として、

  • 卵子の老化
  • 生活習慣病の発症
  • 長年妊娠しなかったことによる子宮の収縮

などがあげられます。

 

しかし、全く妊娠できないわけではありません。
自然妊娠を望むのであれば食事、運動、睡眠、性行為などのすべての生活習慣を見直し改善していく「不妊の予防」をすることで妊娠の確率が上がるのです。

 

また、現在では昔ほど高齢出産が危険なものであるということはありません。気持ちに余裕をもって妊活することが大切となります。

 

高齢出産のメリット

マイナスイメージばかりの高齢出産ですが、メリットだってあります。

 

なんといっても大きいのがママやパパが若い人たちに比べて経済的にも精神的にも成熟しているため、余裕をもってのびのびと子供を育てられること。
事実高学歴の子供は両親の年齢や世帯収入が高い、といったデータもあります。

 

また、子供を育てることで健康な生活を送るように努めるため、ママが若返るといったこともあります。

 

高齢出産のリスク

高齢出産でのリスクはやはり卵子や子宮の老化による流産の可能性が高いことと先天性異常の子どもが生まれてくる可能性が高いこと。
また、妊婦自身が妊娠高血圧症候群という病気にかかる可能性もあがります。

 

高齢出産を望むのであれば、日ごろの生活習慣を見直し、妊活サプリを活用するなどして妊娠のために十分備えておくことが大切です。
とはいえ妊娠に一番の障害となるのはストレス!
一人で悩むことなくお医者さんと相談するなどし、あまり必要以上に不安をあおらないようにリラックスした気持ちで臨みましょう。

 

 

やはり女性にとって、いまだに出産のリミットというのが現実問題としてあるのです。

 

もちろん女性にとって、一番仕事に私生活に充実している20代、30代を妊娠、出産、育児に費やすのは難しいことです。
でも将来的に子供が欲しいと思っているのであれば、ある程度ライフプランを決めて、早めに子供を得ること、それがやはり一番リスクが少ない生き方といえそうです。