マカ・葉酸

妊娠しやすい・早く妊娠出来る体位ってあるの?

妊婦

妊娠は夫婦生活の結果でできるものです。

 

それでは、その方法によっても妊娠しやすかったり、その反対にしにくかったりするのではないでしょうか。
妊娠しやすい体位などはあるのでしょうか。

 

妊娠を希望する女性にとって、セックスの際に妊娠しやすい体位があるのかどうかというのは気になるところ。
そこで、聞きたいけど人にはなかなか聞けない妊娠と体位についてまとめてみました。

 

妊娠しやすい・早く妊娠出来る体位

正常位

男性が上、女性が下になる正常位は最もポピュラーな体位ではないでしょうか。
子宮がおなか側に傾いている人は男性が上になって重なる正常位でのセックスが一般的に妊娠しやすい体位と言われています。

 

女性が膝を少し自分の方に傾けると、子宮全体が後ろに傾き、精液がこぼれにくくなるため精子が子宮まで到着しやすくなり、妊娠しやすいのです。
また、子宮に精子が届きやすくするためにクッションなどを腰のあたりに敷いて浮かせると精子の流れがよくなり妊娠しやすくなります。

 

女性の脚を男性の肩に置く肩掛け正常位という体位も、深い挿入ができるので妊娠しやすいと言われます。

 

後背位

後背位は女性が四つん這いになって男性が膝をつき女性の腰を引きつけるようにして後ろからベニスを挿入する方法です。
俗にバックとも言われます。

 

子宮がお尻のほうに傾いている人は、うつぶせの状態でお尻だけ突き出すような格好かうつぶせになったまま顔だけ自然な向きにする体位ががおすすめ。
男性のペニスがより子宮口に近い状態で射精することが出来ますので、ペニスの挿入が深くなり妊娠しやすいと言われています。

 

後側位

後背位の体勢のまま、横向きに寝ると後側位という体位になります。
他の体位と違って女性の骨盤下部を圧迫せず、卵管や子宮にまで精子が届きやすい体勢なので、これも妊娠しやすい体位だと言われています。

 

女性が背中を少しそらせることでペニスがより深く挿入できるようになるので、もっと効果的だと言われます。

 

側仰位

側仰位とは、男性と女性が寝たまま横になり、向かい合って行う体位のことです。
この体位もペニスが深く挿入できますし、女性の骨盤を圧迫しないため精子が奥まで入りやすくなります。

 

これも妊娠しやすい体位だと言われています。

 

医学的な根拠は全くない

聴診器

今までご紹介してきた体位が妊娠しやすいと言われていますが、これらには医学的な根拠は全くありません
より多くの精子を子宮に送り込むことができるから受精の確率も上がるだろう、という程度のことで、それよりも精神的な要因の方が強いと思われます。

 

通常、射精される精液の量は2.5〜4ml程度ですが、そのうち1mlしか子宮に入らなかったとしても、その中には2千万から1億個の精子が含まれており、その中の1個が着床すれば妊娠するのです。
あくまで、妊娠しやすい体位は参考程度に考えておいてください。

 

セックス後の体勢も重要

セックスの直後はすぐにシャワーを浴びたり、飲み物を取りに行ったりせずに30分は仰向けになってゆっくり休むようにしましょう。
精子の流出を防ぐためには腰にクッションを敷いて高くするのもいいでしょう。

 

昔は逆立ちするのがいい、なんて言われていましたが、そんなことをしなくても精子がしっかり卵子に向かって泳いで行ってくれます。
何よりもリラックスした気持ちでゆっくり休むことが一番大切です。

 

セックス中のオルガニズムについて

女性のオルガニズムは普段収縮している子宮を広げる効果があります。
これは子宮内に精子を送り込みやすく、また逃げにくくする効果があるので、体位とともにお互いオルガ二ズムにつながるようなセックスをするのも大切です。

 

 

妊娠のために必要なことはセックス中の体位よりも元気な精子や卵子を作り、健康でリラックスした状態であることが重要です。
あまり妊娠のためだけのセックスとがっつくことのないよう、普段からパートナーとの関係を大切にし、心身ともに規則正しい生活を送るよう心がけるようにしましょう。