マカ・葉酸

間違えやすい!妊娠初期と生理不順の見分け方

妊娠を希望する女性にとっては、毎月の生理が来るか、来ないかは大問題です。
そして妊娠検査薬をついついフライングで何個も無駄にしている人も多いでしょう。

 

今回は、妊娠初期症状と、ただの月経の遅れの症状の違いを紹介します。
人によっては全く症状が同じで見分けがつかなかった、ということもあるそうですので、参考程度に見てくださいね。

 

妊娠初期症状

生理予定日の1週間位前から症状が出始めるといいます。

 

着床出血

まずは着床出血といって、生理ではない、ごくごく少々の血が出ることがあります。
この出血は続くことはなく、数日くらいで終了します。
不正出血かな?と思いますが、着床出血の可能性も考えてください。

 

体調の変化

更に胸が張る、痛くなることもあります。
それに加えて、ひどい眠気、だるさ、腰痛、腹痛、頭痛、頻尿、便秘、下痢症状が出るときもあります。
これは生理前も同じような症状になりますから、見分けは難しいでしょう。

 

つわり・味覚・嗅覚

また、既ににつわりのような、味覚、嗅覚に変化が出たり、吐き気を催すこともあるらしいです。
基礎体温がずっと高いなら、妊娠の可能性はずっと高まります。

 

ホルモンバランス

ホルモンバランスが崩れて、ニキビや吹き出物が出やすくなります。
また、感情面でアップダウンが激しく、感情的になる人もいます。

 

早めに判断できる検査薬を使う

いまは生理予定日まで待たずに検査できる妊娠検査薬があります。
もし妊娠かな?と思ったら、そういった早期に判断できるキットを使ってみて、妊娠かそうでないのか、というもやもや状態を早く抜け出すようにしてもいいかもしれません。

 

また、妊娠検査薬で陽性が出ても、病院に行くのはもうすこし待ったほうがいいでしょう。
結局もう一度出向くことになり、二度手間になりますし、その上、体調が悪いなか病院にいくのはなかなかしんどいことだからです。

 

まずは自分自身が落ち着いて、経過観察するべきだと思います。

どの段階で病院へいくべき?妊娠初期に注意すべきポイント

妊娠検査薬でしっかり確認する

最近は生理予定日を待たずにチェックできる妊娠検査薬もあります。
しかし、一般の検査薬は、だいたい次回生理予定の1週間後から診断可能となっています。

 

薄い線で判断が難しい状態とか、妊娠初期のような状態が続いているけど、月経前も似たような症状がある場合、数回妊娠検査薬を試してみましょう。
でもフライング調査をしても性格な診断とはなりません。

 

まずは落ち着いて、しっかりと診断できるまで待ちましょう。

 

病院にいくのは陽性反応後、生理予定1週間後

妊娠が確定するのは、妊娠検査薬で陽性がでてから、産婦人科で確認してから。

 

妊娠5週目(次回生理予定日の1週間後)なら、すでに超音波で確認できるほどになっています。
それ以前に病院に行っても出直すだけですので、くれぐれも病院もフライング受診をしないようにしましょう。

 

体の負担を考えて、5週目までしっかり待ちましょう。

 

5週目から気をつけること

まずは妊娠が確定し、胎児が順調に育ってきていることを確認しましょう。
そうしたら、前回生理まで飲んでいた薬やサプリメントを洗い出しましょう。
気になるお薬があったら、主治医に相談します。

 

妊娠が確定したら、市販薬もすべて止めましょう。医師がOKを出した薬なら大丈夫です。
一応サプリメントも飲んでいいか聞いておいたほうが安心です。

 

また、魚は水銀が含まれていて妊婦に有害ですので、食べ過ぎないように。
それらの食事や栄養指導などは病院、または自分で情報を収集しましょう。

 

不安なことがあったら、なるべく専門家や医師に相談しましょう。
ときに母親や祖母などからもたらされる妊娠、子育て情報は、いまでは間違っている情報も含まれますから、必ず正しいかどうか専門家に確認をとってから試すようにしましょう。

 

 

きちんと出産できるまでにはあと9ヶ月ほどあります。
ママになる心構えとともに、これからの子育てのプランや体調管理などやることはたくさんあります。
でもまずは体が第一です。
無理をしないように日常生活を送り、健康な赤ちゃんを出産できるように、いまできることをしていきましょう。